読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けっこう毛だらけ猫愛だらけ

いつもニャーニャー鳴いています。

業界の切迫感を肌で感じた話

今日のエントリはものすごく、くだらない話です。

私がアホでした。本当にどうしよもないんです…。

 

 

自分の先輩にちょっと有名な作曲家の人がいて、その人が「不動産屋から高級マンションの営業を受けまくってるんだけど、買える訳ないよね」という投稿をFBに載せていました。で、その写真で写っている物件が「60000万円」とか「48000万円」とか。一瞬アレッってなるでしょ。価格帯は4億〜6億です。そう書けばいいのに。60000万円とかまぎらわしい。(不動産業界のこういうところが嫌い!)

その写真で物件名がわかってしまったので、検索かけて調べたら高級賃貸として出ていた。月の家賃が100〜250万くらい。

その先輩はそこそこお金持ってるから営業に巻き込まれてしまうんだと思う。わざわざ営業が家まで来るみたいで面倒くさそう。

 いま、東京の住宅やマンションが売れなくなっていて、とくに高級路線のものは空き室がヤバイと聞く。

高級路線のマンションは高いから買える人が限られている。何しろ富裕層は全人口の1〜2%しかいないわけで、この人達だって節税対策に買うことはあるにしろそんなにぽんぽん買うわけでもない。マンションが欲しい層はもうすでに買い終えている。高級マンションは売れたら美味しいからポコポコ建ててしまったんだろうけれど、あんまりに見誤り過ぎ。富裕層は拡大しているとはいえ5億前後のマンションを買える層はさすがに総数が少ない。海外富裕層をターゲットにしたほうがまだいいんじゃないか。

 

 

私は間取り図がすごく好きだ。見ているだけでも楽しい。

東京に、住◯ハウジングという不動産屋があって、そこは間取り図が会員登録をしなければできないようになっている。クッソー、見たい!どうしても見たい…!そう思って会員登録をした。自分のアドレスと探している地域や電話番号を入力。会員登録できたー!間取り図をながめて嬉しい〜。

 

 

ある日、いきなり携帯に電話がかかってきた。

「住◯ハウジングの松本と申しますけど」

「ファッ!?」

「港区芝にお住まいの◯◯さんですよね?」

「ファッ!?ち、違いますけど…」

 

とかいうやりとりの後、やれ品川区の中古一戸建が8000万ほどで出るが買いませんかみたいな事をペラペラとまくしたてられた。

私はびっくりした。

ただたんにネットで会員登録をした、どこのウマの骨ともわからない人間に対して高額物件の営業をいきなり始めるのだ。いきなり電話口で1億前後の物件を一気に4件ほど紹介された。「品川区8000万、これはあと400万ほど値下げできます、大田区6800万、港区1億2800万…」値下げできますって知らんがな。間取り図もないのに決められへんがな。

そもそも電話だけで判別なんて、まともな人なら絶対にしないのに一体どういうつもりなの?新人のみそぎ?ローラー作戦?そもそもニーズがまったくわからない相手にこの人何考えてるの?この会社一体どういうマーケティング感覚なの?ノルマかなにかあるの?まぁノルマだろうな…切迫した感じが伝わってくるし。

会員登録のときに自分がどこへ住んでいるかという情報は打ち込む必要がないのに、私はなぜか港区芝の住民ということになっていた。おたくのシステム屋大丈夫なの…。

 

結局、「私は芝には住んでいません。間取りを見ないと判別できませんから登録したアドレスに図面を送ってください」みたいなことを伝えた(私はあくまでも間取り図が見たいのだ)

住所はどこかとしつこく聞いてくるので「どうしてそんな個人情報をそちらに伝えないといけないんですか!」と半切れ気味で言った。そもそも家を買いたいなら自分から動くって。

 

間取り図は送られて来なかった。楽しみに待ってたのに。送れヤ…

 

その電話の後、会員登録が末梢されていた…

 

間取り図見たいだけで登録した私も悪いんやけどさ。。何かミラクルが起きて買おうと思うかもしれないのに。そんな程度で会員登録末梢ってどんだけ器ちっちゃいねん!!

 

某大手高級マンション販売の企業が、負債額がすごいことになっているとニュースで読んだ。切迫してるんだな。。

 

最期に余談なんだが、不動産関係の広告やネット関係も切迫している感じがある。システム屋さんたちが寝ていないんではないかと心配になる。

これは以前FBに出ていた広告なのだが、思い切り値段が間違ってる(多分)。あんまりに面白いのでとっておいた。

f:id:nenesan0102:20161014184441p:plain

f:id:nenesan0102:20161015054756p:plain

 私はこの物件写真で夫と「ねえ、パパン〜、この家買って〜♡」「ええよ、好きなだけ選び〜^^」という遊びをさせてもらった。

 

 

 

 

おわり