けっこう毛だらけ猫愛だらけ

いつもニャーニャー鳴いています。

年末にゴタゴタした話

年末に知人が私に助けを求めてきました。こんなこともあるのだと少し驚いたので、こちらでブログにすることにします。けっこう重い記述があるので嫌な人はリターンしてください。

12月29日のことでした。ふと携帯を見るとメールが入っていて、知人のAさんからの「助けてください」という悲痛なメッセージでした。

このAさんは夏くらいまでは普通に働いていたのですが、いよいよ精神状態が悪くなり、12月30日には精神病院に入院することが決定していた状態でした。

「もう数日何も食べていない、そして精神病院まで行く交通費がない」

まぁようするに「金くれ」というのがAさんの希望でありました。

Aさんは生活保護を申請しているのですが、支給の日が来るまでに手持ちの現金が底をついてしまったのです。

 

私はAさんとは薄いながらも既知の仲で色々と知っているのですが、Aさんは発達障害を持っていて、発達障害の二次障害からギャンブル依存症になり、さらにはギャンブルするために知人からお金を借りまくってそれを踏み倒したりしたために警察沙汰となり、何度かの逮捕歴と、あと長期間ではないのですが刑務所に服役していたという過去があります。

発達障害の人はなんらかの依存症におちいってしまう人が少なくなく、これは生来の脳の脆弱性からくるものです。Aさんの場合も鬱があまりにもひどく、迫り来る希死念慮を紛らわせるためにギャンブルにのめりこんでいってしまい、気づいたらギャンブル依存症になっていたわけなのですが、人からお金を借りてまでギャンブルをする、返せないのに借りようとする、それを踏み倒すというのはちょっと尋常ではありません。

しかも刑務所に服役までしていたくらいなのに、それでもまだAさんはわき上がる希死念慮と、それに伴う強いギャンブル欲と闘っている状態でした。

 

ギャンブル依存症の難しさはこのTwitterホッテントリに入っていたので、興味がある方はお読みください。(読んで楽しいものでもないが)

 ■

さて、このようなヘルプがAさんからきて、これはどうしたものかと思ったのですが、私がお金を貸すというのはどう考えても悪手で。貸すのはかなりヤバイ!というのを本能的に感じるわけです。

まずは空腹をどうにかせねばと考えましたが、Aさんはもう明日に入院、こちらから食料を送るという手法は即効性がなく使えません。しかもAさんは入院するということで携帯をすでに解約してしまっており、自分自身ではどこにも電話がかけられない状態。私にはパソコンからメールを送ってきていました。

行政の窓口は年末年始でほぼすべてが閉まっていて、私はあちこちの行政の窓口に電話してみましたがまずつながらない。厚労省に緊急支援の問い合わせなどもするもこれも自治体の福祉事務所が窓口になっているためアウト。かなりあちこちに電話をかけまくりましたが、とにかく年末というのが大きなネックで、行政機関はすべてアウトでした。

 

最後に私がコンタクトを取ったのが民間の支援団体でした。その団体の緊急窓口のような電話に電話が繋がり、状況を説明するとすぐさま動いてくれて2時後くらいにはもうすぐに食べられる食料をAさんの自宅まで届けてくれたのです。

それどころか支援団体のほうでAさんに2千円の交通費まで貸し出してくれました。

 

良かった良かった!一件落着〜、とホッと胸をなでおろしていたら、夜になってAさんから「すみません、交通費が足りません」という連絡が。

 

詳しく聞けば、Aさんが入院する予定の精神病院は(精神病院はたいていそうなんですが)、陸の孤島のような場所にあり、ふもとの最寄り駅から病院までの送迎バスが出ているのだがそのバスが朝7時と13時にしかなく、自分が指定された時間に病院に着くには朝7時のバスに乗らなくてはいけないのだが、始発の電車で出発してもこの7時の送迎バスには間に合わない。

夜になってこれが発覚し、Aさんの要請で私からふたたび支援団体に緊急連絡。

すると支援団体の方で雪の中出せる車を持つ人を探してくださり、Aさんを最初から病院まで送迎してくれることに!(車だとおそらく1時間半くらいかかる距離なのですが、現金を貸すよりもそっちのほうが良いと判断したのだろうと思われます)

 

そして次の日、Aさんが無事に入院できたと支援団体からの連絡が入り、ああよかったと再び胸をなでおろしていたところ、支援団体の方からのメールがこれ

f:id:nenesan0102:20201231092420j:plain

 

いや、もう本当に弱者支援というのは骨が折れるというか、相手だって人間ですしね。みんなが善良なわけもなく。

私自身はほとんど何も動いていない状況なのですが、最後の最後でもう「うわー、Aさん!」となったと言いましょうか…。ここでドーッと疲れたというか。

継続して支援をされている方のメンタルの強さにただもう尊敬…。

 

私はAさんの件でこの支援団体にお世話になったので、Aさんには直接お金は貸していないのですが、支援団体の方に寄付をしてきました。総合するとAさんに直接お金貸すよりも費用がかかってしまったんですけど、Aさんに自分がお金を貸すというのは絶対に駄目だと感じていたので、これでよかったんじゃないかと思っています。

Aさんのような人は世の中にはけっこうな数いるし支援団体さんが活動を続けて行けることが大事ですしね。

 

 

皆様、よいお年をお迎えください。

 

 

おわり

 

2020年さいごのブログ(1)

いやー、最近、さっぱりブログから遠のいてしまってました。
というのは、いまブログを書いているこのパソコンがもはや古くなりすぎて、はてなブログそのものに対応できなくなってきてまして。。

f:id:nenesan0102:20201231081329p:plain

なんかまずブログのアイコン自体表示されないし、、

f:id:nenesan0102:20201231081356p:plain

切り替えが必要ですとか書いてあるけどパソコンに疎すぎてなんのこっちゃわからんし、、、

うちは夫がもともとそっち系の仕事だったのであとでパソコンを見てもらうことにします。10万円の給付金があったときにそれでパソコン新調しようぜという話はあったんですけど、そうすると今あるソフトのほとんどが使えなくなっちゃうし、なんか不都合も多く、結局のびのびになってます。

 

私はというと、最近はかなり忙しくしてまして、忙しいのでブログを書けないというのもちょっとありました。

2020年にあったもっとも大きな出来事は、何年間もかわいがってきた地域猫さんをいよいよ我が家におむかえしたという、それが一番大きな出来事でした。

ブログとかにはつい猫の写真をアップしたくなるものですが、こちらではまだ載せていません。いちおう、周囲の人のためにTwitterを全体公開で公開していて、そちらにはほぼ毎日、猫の近況をアップしています。

 

近々ではゴタゴタしたことがありましたので、つぎのブログで書こうと思います。

 

 

おわり

イケメンを疑似体験した話

 つい先日、こんな増田があった。

anond.hatelabo.jp

私は女だけど、この増田がすごくよくわかる。

というのは、少し前に「FaceApp」という性転換アプリが流行った事があった。私もまたそのブームにつられて自分の顔を男性化してみたのだけれど、「ええ…」となるようなイケメンが誕生してしまったのだ。

こんなことを書くとまた反発をくらいそうだが、私はそこそこ美形である。だからなのかわからないが、けっこうなイケメンになってしまった。これをSNSに載せてみると、友人女性たちの騒ぎっぷりがすごかった。「イケメン!」「すごい色気!」「かっこいい!」と、女性たちが男性化した私を褒めちぎってくる。「イケメン」以外の感想では、「親切そう」「海外で迷ったときに案内してくれそう」「アラブ系美男子」「王子っぽい」などがあった。

一体どういう顔だと思われそうだが、とりあえずこのような印象の人になった。

 

それにしてもイケメンの威力はすごい。この顔をアイコンにしてやりとりしていると、経緯を知らない人からは「そのイケメンは一体誰なの」と含みを持たせた感じで言われるし、相手の目がハートマークになっているのがわかる。「ドキドキする」とかも頻繁に言われて、私はつかの間のイケメン気分を味わうことになった。マジでこの顔でロマンス詐欺とかいけるんじゃないかなってくらい、女性たちがメロメロになっていくのがわかった。

イケメンになった当初は褒めちぎられるのが嬉しいので「ウフフ、女の子たちはみんなかわいいな♡」くらいの感覚でいたのだが、ある程度経つと、だんだん女性たちがアホみたいに見えてきた。ああ、女というのはイケメンであるだけでこんなにも態度が変わる生き物なのかと。私の女ともだちだから、年齢的にふだんは良い奥さんとかお母さんをやっている人がほとんどなのだが、いきなりオンナとしての彼女がぶわっと目の前に立ち上がって来るこの感じ。(わかる人いらっしゃいますでしょうか)

このような変貌ぶりを見るにつけ、イケてない男の言う「イケメンはずるい」みたいな感覚が私の中にもりもりとわき上がってきたのである。この一連の心理的変容は自分にとってとても興味深いものであった。

 

しかし、イケメンの悩みというのはなかなか複雑だ。何しろイケメンの絶対数が少ないから、悩みを共有することがなかなかできない。「女の子が目の色変えてくるのが怖い」というのも、それを体験した事がない人にはほとんどわからない感覚だろう。

しかし男の側も自分好みの美女には色めき立つのが普通だから、このあたりは男女共通なのかもしれない。

 

ちょっとくだらないエントリだけど、おわり。

 

雑文その後

以前書いたエントリのその後です。

nenesan0102.hatenablog.com

結論から言うと、今のところ少しずつ落ち着いてきています。むちゃくちゃ仲直りというわけではないのですが、夫はまた食器洗いとかはじめてくれて歩み寄りを見せてくれている。私は私で、なるべく完璧を目指さないようにと注意するようになりました。

 

大げんかした次の日に出勤した夫がメールで、

 『これから自分の靴下とパンツは週末に自分で洗います』

と送ってきたんですが、、、

 

 

 

 

f:id:nenesan0102:20201022063019j:plain

 

違うから!そうじゃないから!

 

私が言いたいのは、「家庭は二人で運営していくものだから、私が苦しんでるときに『俺は関係ない』という態度はやめてくれ、もっと協力的になってくれ」って話であって、もうあんたのパンツなんて洗いたくないって事を言いたいわけじゃないんですよ。そんなことされても逆に困る。なのでこのメールに対してはそっこー「違う」と言っておきましたがなんでまたそういう発想に…。

 

世の中、すれ違いとかワンオペ育児とかそういうのでおかしくなってる奥さんとかたくさんいると思うんですけど、ワンオペ育児のつらさも、「俺は関係ない」っていうのが伝わってきて奥さんがすごい孤独感にさらされていくところからつらさが始まるんじゃないですかね。いや、その立場に立ったことがないのではっきりとはわからないんですが。

以下余談なんですが、少し前にTwitterでこういうのを見かけたんですね。

f:id:nenesan0102:20201022083325j:plain

 これ、もし自分が小学生男子だったら、「あ、俺関係ないんだな。行儀よくしなくてもいいんだな」と思うんじゃないかなと。

さすがに令和の時代にはどうかわかりませんが、昭和〜平成だと、同じ家の子どもなのに女の子だけが「女の子だから」という理由で家事の手伝いをさせられて、男の子は何もしなくていいという家庭ってざらにあったと思うんですよ。そういうふうに育てられてきてるのに当事者意識なんて作られるわけがない。子どものときにしなかった人がいきなり子どもができたからって家事しないよね。

 ◇

いま、話題になっている『おばさんの復権』も、いろいろな見解がありますが。

 このツイートがすごく話題になってますが、なんというか、認識のズレがすごいなぁと。なんで女性側が怒ってるかというのをさっぱり理解できてないから、まずそこから説明しないといけないだろうし。

もうずいぶん昔の事になるんですけど、婚活がすごいブームになったときに、私もぼちぼちやったんですよね。そのときに猫好きでマッチングした人がいました。

ところがその人は「子どもは女の人が生みたくて勝手に産むものだから自分には関係ない」という考えの人で。「子どもの生活費も教育費も一切出すつもりはない」とはっきり言われて。ちょっとこういう人とのあいだに子どもを設けるのはリスキーだなと思ってお断りしたんですけど。こういう感覚が育ってきたのには理由があると思うし、40歳前後までその価値観を持ってきた人はもうほとんど変わらない。そういう人とのあいだに挙児とかとてもじゃないけど無理です。少子化ってこういう側面も少しあるんじゃないでしょうか。

このツイート主が何歳くらいなのかわからないけど、この感覚のままなら子どもを作らない方が良いと思うし、これについてくる女性もあんまいなさそうですよね。

 

私個人としては日本が少子化でこの先もどんどん国が壊れて日本人が減っていくのはすごく悲しいんだけど、それに対する処方箋ってどうしたら良いんでしょうね。

やはり女性側への補助を厚くして、女性一人でも子どもを産み育てられるという感じにするのが一番?そうなると、女性が殺到するのは(今もそうですが)、優生思想バンバン入って来るけど、「優秀で容姿端麗で稼ぐ力のある人の種」みたいになってしまう気がするんですよね。「ATM扱いするな!」と騒ぐような人の種なんかイラネみたいな…。ていうか、実際いらなくないですか?「ATM扱いしてる!」って被害者意識全開にするような父親がいるところで大切な子ども育てたくないじゃないですか。

 

後半少しズレてしまいましたが、こんな感じです。

 

 

おわり

近況その4

体調を崩してしまった記録の『その4』です。

10月19日の月曜日、かかりつけのクリニックへ行ってきました。

この日は朝方にまたわずかに熱(37度ちょっと)が出て、頭が朦朧してふたたび全身痛が出ていました。

頭が朦朧とすると時間があっという間にすぎるのでびっくりします。

 

指定された時間にクリニックに向かうと、ちょうど向こうから訪問看護から戻ってきた院長と看護師さんが歩いてきて、離れた場所から検査はこっちですよみたいに教えてくれました。

「へ〜!」となったのですが、クリニックの裏手に急ごしらえのテントが作製されていて、そこに小さな台とその上にインターホン、血中酸素濃度を測る機械などが置いてありました。よくよく見るときちんと監視カメラまでついてる。さすが。

しばらくすると、私を診察してくれる予定の医師から電話がかかってきて、「います?じゃちょっと待機しててください」と言われ、完全防備の医師がテントにやってきました。顔がまったくわかりません。防護服はネットなどで見慣れてはいますが、いざ目の前にすると大変だなーという感じ。

医師が言うには、どうも私の症状が熱があまり高くなく咳もないため、ちょっといきなりのPCRはどうでしょ〜と言われ、まずは通常の血液検査でCRPという、炎症反応値を見る検査を行って、その値が高ければPCRという感じでどうでしょう?と言われ、血液検査を行いました。

その結果、CRP検査による炎症反応の値があまり高くなかったので、「うーん、これはおそらくコロナではないですね〜」と診断され、結局PCRの方はやらずに帰宅になりました。私を診察してくれたK医師はどうも少し膠原病などを疑っているので、そちらの路線で検査をしていくという感じになりました。

病院で診察を受けてみてわかったのは、

PCRはほとんど行っていない。ほぼ症状が確定というような人を確定診断のような形でしている。そのため結果が陽性でなくても3週間くらいは自主隔離してほしい。

PCR唾液検査のときは検査前に30分口に何も含んではいけない。

PCR検査の精度は低い。陽性の人でも3割くらい取りこぼす。

・今のところはコロナではないと思うが症状の急変があればすぐ電話して。

…というような説明をされて、あっさりと終わりました。

 

私はというと、新型コロナではないのはホッと一安心したものの、じゃあこのしんどいのは一体なんなんだろうという感じで。けだるい感じがずーっと続いてて頭がぼんやりしているという。

んで、しかもこの日の夜くらいになったら、微妙が微熱が続いたのを体が勘違いしたのか生理ぽい出血が始まってしまうし、なんかドミノ倒しみたいだなと思ったりしておりました。

 

今日は少し復活して、溜まっていた家事をのんびりとやりました。通常の2倍くらい時間がかかりましたが、それなりにこなせて少し元気を取り戻してきました。

 

 

おわり

 

雑文

先日、夫と大げんかしました。

数日前、私は家事ストレスにやられて「メルトダウン」というのを起こしてしまったのですが、その後もつらさからあまり抜け出すことができなくて、やはり限界まで家事をしてしまい、パニック直前になってしまった日がありました。

 

我が家は私が専業主婦状態なので、家事をほぼすべて引き受けているのですが、2年前くらいだったでしょうか。予想以上に私の仕事が多くなって、夫にも料理をしてもらわないと本気でまずいぞとなったときがありました。それで夫に何度も料理を教えたりしたんですが、夫は「どうしてもできない、自信がない」と拒否。

そこまで自信が持てないのにやらせるのもちょっと…となり、夫に料理を作ってもらうというのはあきらめました。でも夫は大学進学以来20年一人暮らしだったし、そのさいに自炊もしていて学生時代はレストランでバイトもしていたのです。結婚前も「こんなの作った」という写真を私に送ってきてくれていたので、てっきり私は「この人自炊できるんだ!」と思ってしまったのです。

今にして思えば料理の写真を送って来るのは、たんに近況報告とか褒められたいからであって、結婚後は自分も料理をするよという意味ではなかったのでしょう。

結局、どうしてもごはんを作れないときはスーパーで総菜や弁当などを買うというスタイルに落ち着きましたが、胃に負担がかかって地味につらい。土日で私が仕事がある日とかは作ってほしかったですけどやっぱり本人がすごく拒否するんで無理だなとなりました。。あと夫が疲れすぎて土日もずーっと寝ていたりするのでやっぱり無理になりました。

 

結婚後、夫がやる家事は風呂掃除とたまにゴミ出しくらいでした。

一時期、夫は夕食後の皿洗いを積極的にやってくれた時期があって、この時期は私は本当に楽で助かりました。夫愛してる!という感じでした。ところがある日「疲れたから今日はいい?」と言われていつのまにかなしくずしになって、今では洗わないのが当たり前になってしまいました。

 

お互いの主張を書いてみるとこんな感じです。

 私:家事でメルトダウンになってつらいので、もう少し助けてほしい

 夫:なんでつらいときに家事やろうとするの?回復してからまたすればいいでしょ?(※あくまでも家事をするのは私

 

家事というのは、毎日毎日積み重ねなので、その日やらなければ別の日に家事が積み重なっていって、結局やる人がよけいにつらくなるだけだと私は思っているので、そのあたりの捉え方がまったく違っている事がわかりました。

私が錯乱を起こしてしまった日も、錯乱状態になるまで夫は「我関せず」という感じでずーっと携帯のゲームをやっていました。私自身も何の違和感もなく、夫に家事を手伝ってもらおうという認識もほとんどありませんでした。

 

夫は夫で仕事のストレスもすごいし疲れもすごいし鬱もまだまだあります。

「家事を短縮する家電や、家事の外注は?」と思うかもしれませんが、今の我が家にはそのような余裕がありません。

 

かなり悩んだのですが、家事をするのはこれからも自分であるのはかまわないが、何度も何度もメルトダウンを起こすようになって苦しみ続けるのであれば、もう夫との生活を捨てて出て行こうと思うようになってしまいました。

夫が家事してくれないとこんなに愛情ゲージが減るもんなんだ!と、生まれて初めての感覚を持ったりしています。端的に家事をしないとかじゃなくて、家事でつらいという気持ちを理解してくれないところや、「俺は関係ない」という態度に強く幻滅してしまうのかなと。

 ◇

夫には夫の主張があると思います。働けない私がなんとか生きて行けるのは夫のおかげなので。でも、もう私も疲れてしまったところがありました。

「これから先も何度もメルトダウンを起こすようであれば私は出て行きます」と夫に伝えたらすごく落ち込んでいました。先週カフェに行って体調を崩すまではとても仲良しだったのでそりゃそうなりますよね。ほんと、あのとき注文キャンセルしてでも出て来るべきでしたね。あれからずっと体調が回復できないので。それなりに仲のよい夫婦だったのに、わずか一週間でこんなにぐちゃぐちゃになるなんて…。

 

私もすごく落ち込んで、どうして自分は発達障害に生まれてしまったんだろうかと泣いたり。専業主婦なのに家事がままならなくってメンタルつぶれるって…。自分はどこまで欠陥人間なのかとつらい。

この先もなるようにしかならないだろうなと思っています。

 

自閉症メルトダウンについて書いた記事

nenesan0102.hatenablog.com

 

 

おわり

近況その3

最近、体調を崩した私が日記がわりに書いている近況です。

 

 

金曜日になって体調はだいぶ落ち着いてきたのですが、胸のあたりが圧迫されたような息苦しさと全身倦怠感が少し残っていて、家事などは休み休みならできるのですが、頻繁に横にならないと辛くて、なんとも言えないだるさみたいなのを引きずっている状態です。

時期が時期だけに、PCR検査ができるならしたいという感じだったのですが、いざ検査について調べてみるとこれがすごいハードルが高かった!保健所に電話した時は「お近くのクリニック行ってくださいね〜」とかやんわり断られてるし。

自費での検査という選択肢もあるのですが、費用がもうすごい高い。だいたい3万〜4万超え。5万近いクリニックまであるよ…

ningyocho-cl.com

こうしたクリニックの自費検査以外に郵送などでやれるPCR検査があるんですが、それはだいたい1万〜1万5000って感じでしょうか。しかし去年一年間我が家は夫が休職していたために社会保険料を納めていなかったので、それを今年になって払っているもんですから、なんかもう全然余裕がないんですよ今。

でも、クリニックに勤務している友達に相談したところ、「後遺症とかあるのでできることなら検査をしておいた方がいいよ」と言う。

 

ちなみにその友達の勤務するクリニックでのPCR検査の流れというのがすごくて。

 1、クリニックで医師から要検査の診断をもらう

 2、PCRセンターへ紹介。PCRセンターに予約の空きを聞いて予約する。※PCRセンターは毎日はやってない。

 3、PCRセンターへは公共交通機関は使えない。1日1台のみ送迎車があるのでそれを使え。

というハードルが高いものでした。PCRセンターの場所も秘密なのでどこへ連れて行かれてどのくらいの拘束時間がかかるのかもわからないし、それを聞くこともできない。PCRセンターに空きがなければ当然検査は受けられない。

 

しかしいざ自分がPCR検査を受けられない、受けたいのに受けられないという状況になると、ものすごい不安なんですよね。この先の予定が全然立てられない。自分がどう立ち回ればいいのかが皆目わからない。

とにかく検査のハードルがものすごく高い。なんでこんなにすごいの?というくらいに検査できない。相談に乗ってくれた友人の勤務先のクリニックにお世話になろうかなとも一瞬思いましたが、そこにかかっても検査にリーチできる保証が一切ないわけです。

 

 

ところが。

 

それならダメ元でかかりつけだったクリニックで聞いてみようと思い、そこの医師に電話問診をしてもらったところ、「症状がある」ということからあっさりと検査OKに!!

かかりつけクリニックは、

 ・歩いていける距離にある

 ・医師の許可が出たので保険適用

 ・鼻粘膜ではなく唾液検査でOK

 ・早ければ次の日、遅くても2日後には結果がわかる

というありがたい状況で。友人のクリニックがあかんわけではないんですが心理的なハードルの高さがかなり違う。

「ここへいけば検査が受けられる」というのがわかっただけでかなりの安堵感が広がりました。だいぶ気持ちが軽くなった。問診で医師がかなり的確に答えてれたというのもあります。

 

PCR検査をどのような感じでやるのが良いかというのはそれぞれに意見や考え方がありますが、私は症状があるのなら検査はやるべきだと思います。無症状かつ接触の可能性がない人はともかくとして、症状のある人にまで検査数をギリギリ絞ったことは不安を煽るだけでなにもよくなかったんじゃないかと思います。確か新型コロナ初期の時なんて、90パーセント以上が受けられなかったんですよね。

 

電話問診で医師の先生から、新型コロナで多く見られる急変の症例なんかを聞いたりしながら、土日は待機して月曜にクリニックに連絡後に唾液でPCR検査みたいな流れになりました。日曜日はかかりつけクリニックがやってませんので、ここで病状が急変しないことを祈るばかりです。

 

ちょっと余談になるのですが、7月くらいに遠方に住む友人がPCR検査を受けました。その時も「公共交通機関はダメ」と言われたのに車で1時間かかる遠い場所の非公開の検査機関を指定され、その人の場合は家族が車を運転できたからよかったのですがそうでない場合は完全に詰んでいたと言っていました。このハードルの高さは一体…

 

もう少し検査体制はなんとかならないものでしょうか。

 

 

 

おわり