けっこう毛だらけ猫愛だらけ

いつもニャーニャー鳴いています。

どうか署名をお願いします

大矢容疑者の事件を、少しずつはてなブログでも取り上げる動きが出てきました。

www.akihuooblog.com

 

www.rairi.xyz

 

私は、この事件を知ってしばらく、首もとをギューッと何かにおさえつけられているような、そんな苦しさをずっと感じていました。

大矢容疑者が近くに住んでいなくてよかった。心からそう思いました。

猫が焼かれて、その痛みにじっと耐えている画像や、恐怖や苦しみのあまりに脱糞して発狂している姿の写真を見たときは、つらくて涙が止まりませんでした。

 

私はとても猫が好きですが、けして世の中にはそういう人ばかりではないのもよくわかっています。

しかし、わざわざエサでおびき寄せて、捕まえて熱湯をかけて皮をはいだり、苦しむ姿を見てそれを笑うというのは、あまりにも残虐性が高すぎます。普通の感覚からは逸脱している。

ただ殺傷するのではなく、ざわざわいたぶって、猫たちが苦しむ姿を見て喜んでいるのです。

このような人はあえてそういった嗜虐性を楽しんでいる。

そして、大矢容疑者の映像で快楽を得ているという人が全国に多数いるという現実に吐き気がしました。

 

怖いのは、容疑者本人は反省の色がまったくないことです。

法制度が変わって実刑が下ったり、その後も要注意人物としてGPSを埋め込まれたりしなければ、自身の快楽のために何度でも何度でも、再び猫を拷問死させる可能性が限りなく高い。

これは大変危険なことだと思います。

 

大矢容疑者にとっては猫が飼い猫かどうかなども関係ありません。

画像を見ましたが、大変きれいな毛並みの、家猫のような猫さんもいました。

けして野良だから殺していいわけではありませんがご自身の飼い猫がこんな目にあったら…という点で、全国の猫飼いさんは震え上がったと思います。

 

大矢容疑者に対しての実刑を求める署名が行われています。

www.change.org

 

私は、現在の法制度のありかたを変えて行かなければと思っています。

アメリカでは猫を数十匹殺した犯人が禁錮20年という判決を受けています。

日本では猫は器物扱いなので、このような重罪が言い渡されることはまずありません。

しかし、大矢容疑者のしたあまりに残酷な犯罪をみると、はたしてそれで良いのだろうかと思わざるをえない。

犯罪抑止のためにも法制度が変わらないとダメなのではないかと思っています。

 

最後に、なぜ大矢容疑者が捕まったのかというと、亡くなったかと思われていた猫さんのうちの1匹が、最後に猛反撃をして、大矢の腕に傷を負わせたからだそうです。

その傷が映像に写っていたものと同一だったことから逮捕に至ったそうです。

 

苦しみぬいて殺されて行った猫さんたちのために、祈りたいと思います。

 

 

 

おわり

2017年夏季のお弁当を一挙大公開!

いつのまにかお弁当写真が貯まっていたので、またお弁当エントリです。

前回のお弁当エントリはこちら。

nenesan0102.hatenablog.com

少しずつお弁当箱の大きさそのものに慣れてきて、お弁当を作るのもずいぶん気楽になってきました。ここに載せていませんが、だいぶ手抜きの弁当もあります。

 

■7月のお弁当

前回のエントリは7/7の七夕の弁当で終わっているので、その続きです。

f:id:nenesan0102:20171013215508j:plain

・7月10日

インゲン肉巻き、小松菜ピーナッツ和え、カニカマ卵焼き、人参グラッセ

いつも弁当の残りを同じような弁当にして、私も食べているのですが、この日はたまたま多く具材が残ったので、遊びでわっぱ弁当を詰めてみました。

f:id:nenesan0102:20171013215644j:plain

いやー、わっぱって本当にフォトジェニックですね!

 

f:id:nenesan0102:20171013215709j:plain

・7月11日

ゴーヤ挽肉炒め、ポテサラ、ブロッコリー、かぼちゃソテー、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171013215817j:plain

・7月12日

鶏肉のチリソース和え、人参ツナ、オクラのピーナッツ和え、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171013215858j:plain

・7月13日

鶏肉ごぼう巻き、人参ツナ、ブロッコリー、ひじき煮物

 

f:id:nenesan0102:20171014124425j:plain

 ・7月18日

鮭フライ、卵焼き、ブロッコリー、ひじき煮物

 

f:id:nenesan0102:20171014124513j:plain

・7月20日 

アスパラロールフライ、ブロッコリー、叩きごぼう、人参グラッセ

 

f:id:nenesan0102:20171014124603j:plain

・7月25日

蓮根のはさみ焼き、卵焼き、小松菜ごま和え

(弁当箱のサイズにぴったりの蓮根があって感激!)

 

f:id:nenesan0102:20171014124646j:plain

・7月26日

鶏からあげ、小松菜ベーコン、人参グラッセ

 

■8月

f:id:nenesan0102:20171014124856j:plain

・8月3日

オクラ肉巻き、卵焼き、ひじき煮、小松菜ピーナッツ和え

 

f:id:nenesan0102:20171014124937j:plain

・8月4日

鶏からあげのチリマヨネーズ和え、チーズ卵焼き、ひじき煮、オクラゴマ和え

 

f:id:nenesan0102:20171014125016j:plain

・8月22日

野菜肉巻き、三つ葉の和え物、切り干し大根

f:id:nenesan0102:20171014125121j:plain

・8月24日

鶏のきじ焼き、ししとうの焼いたん、枝豆入卵焼き、切り干し大根

 

f:id:nenesan0102:20171014125209j:plain

・8月25日

鶏ムネのコチュジャン炒め、チーズ卵焼き、オクラのゴマ和え

 

f:id:nenesan0102:20171014125257j:plain

・8月26日

鯖焼き、卵焼き、エリンギのベーコン巻き、ししとう焼いたん

 

f:id:nenesan0102:20171014125347j:plain

・8月28日

オクラ肉巻き、卵焼き、高野豆腐と野菜の炊いたん

 

f:id:nenesan0102:20171014125442j:plain

・8月30日

鶏つくねと蓮根の黒酢炒め、ひじき煮物、きゅうりちくわ

 

f:id:nenesan0102:20171014125523j:plain

・8月31日

鶏のチリソース炒め、卵焼き、ほうれん草ベーコン

 

■9月

 

f:id:nenesan0102:20171014130052j:plain

・9月5日

小松菜と挽肉炒め、きぬさやのベーコン巻き、昆布煮、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171014125657j:plain

・9月7日

鶏肉の野菜巻き、枝豆入卵焼き、オクラゴマ和え

(この鶏もも肉で野菜を巻いたスタイルが気に入り、この後たびたび登場します)

 

f:id:nenesan0102:20171014125757j:plain

・9月13日

オクラ肉巻き、卵焼き、ブロッコリー、ほうれん草おかか和え

 

f:id:nenesan0102:20171014125839j:plain

・9月14日

信太巻き、卵焼き、チーズちくわ、きぬさやのピーナッツ和え

(信太巻きは鶏挽肉で作ったタネを油揚げで巻き、煮付けたものです)

 

f:id:nenesan0102:20171014125944j:plain

・9月15日

チーズアスパラフライ、ブロッコリーミニトマト

 

f:id:nenesan0102:20171014130139j:plain

・9月22日

鶏もものしそチーズロール、こんにゃくとちくわのぴりから煮、ブロッコリー、ほうれん草ゴマ和え

 

f:id:nenesan0102:20171014130233j:plain

・9月25日

焼き鮭、ウィンナー、ブロッコリーゴマ和え、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171014130320j:plain

・9月26日

鶏つくねと蓮根のパプリカの黒酢炒め、ちくわきゅうり

 

f:id:nenesan0102:20171014130358j:plain

・9月27日

信太巻き再び登場、枝豆ひじきのマヨ和え、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171014130431j:plain

・9月28日

鶏からあげ、インゲンマヨ和え

 

■10月

 

f:id:nenesan0102:20171014130549j:plain

・10月3日

鶏の照り焼きロール、三つ葉の和え物、きんぴらごぼう、きのこごはん

 

f:id:nenesan0102:20171014130651j:plain

・10月11日

信太巻き、ほうれん草ゴマ和え、きんぴらごぼう、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171014130636j:plain

・10月13日

鶏つくね、ほうれん草ゴマ和え、切り干し大根

 

 

こんなかんじです。 

最近はぼちぼち頑張れればよいかなーと思っています。

 

 

 

おわり

 

薫製屋マーケット

奇妙に思われるかもしれませんが、行ったことのないお店の紹介をします。

行ったことはありませんが味は絶対に美味しいです。

 

今から3〜4年前でしょうか。

私が当時住んでいた、京都の中心部あたりに、この薫製屋マーケットさんが車で薫製を売りに来ていたのです。ニコニコした笑顔が印象に残る女性がいつも車の前に立っていました。

ソーセージ、ベーコン、鴨、たまご、いろいろなものが薫製になって、車にぎっしり詰められていました。

そうです、その頃はまだ薫製屋さんは実店舗がなく、車に薫製を積んで売りにきていたんですね。

聞けば滋賀の山の方(自宅)で薫製を作り、京都の街に売りに出てくるのだとか。

どういう手法で薫製していたのかはわかりませんが、もう、とにかくめっちゃくちゃ美味しかったのを覚えています。

 

突如として京の街に現れた薫製屋さんはあれよあれよと有名になり、気がついたら山科(地下鉄東西線東野駅)に実の店舗が出来ていました。

 

kyotopi.jp

 

 

今では薫製を15種も使ったランチなんかもされているようです。

行きたい!!!!

ima.goo.ne.jp

 

 

おわり

とてつもなく育てづらい子どもの話

先日、こんな増田がありました。

anond.hatelabo.jp

 

この増田についたブコメで、「死にそうとか大げさなこと言うな」というのがあって、

思い出したのは、やはり、子育てでぼろぼろになり、入院までした自分の母親のことです。母のことは以前増田に書いたことがあります。

anond.hatelabo.jp

母親が入院中、私はよく病院へ行った。病院の定める面会時間が過ぎていても、私が幼い子どもだったからか看護師さんがこっそりと母のベッドまで連れて行ってくれた。

体重が30キロ台にまで落ちた母は、顔が土色と紫色を混ぜ合わせたような色になっていて、とにかく頬がげっそりとこけていた。

とくになにか病気があったわけではなく、ただただ育児に疲れての入院である。

母の手首には栄養を取るための点滴の管がいつもついていた。

 

私の父は大学の先生をしていたのだが、それなりに激務で、母の育児をほとんど手伝うことがなかった。そのため母はワンオペで3人の育児をしていて、入院するまでいった。

 

増田を読んでいて思ったのは、「このくらいで嫁は参らないだろ」とたかをくくっていると、どうなるかわかりませんよと。弱っている人がいたら助けてあげて欲しい。それが妻ならなおさら。ただただそう思う。

 

 

母の場合だが、退院したあとも体がもとのように回復することはなく、ほぼ寝たきりの状態になってしまった。

母親が寝たきりになると、いろいろと大変なのは言うまでもない。

 

 

育てづらい子ども

 沖田×華さんの漫画に、『はざまのコドモ』という漫画がある。

www.amazon.co.jp

この漫画を知ったとき、兄のことかと思った。本当にそっくりだった。

先日のブログでも書いたけれど、私の兄は自閉症として生まれ、その後に統合失調症を発病してしまった。

この兄がもう、とてつもなく育てづらい子どもだった。

子育てがどれくらい大変なものになるかというのは、子の性質、母親の体力、子との相性など、いくつかの要因があるけれど、やはり子ども自身がどのような性質かが一番大きいと思う。発達障害の子は大変な率がグンとあがるだろう。

 

兄は、育てづらい赤ちゃんから育てづらい幼児となり、気に入らないことがあれば癇癪をおこして暴れ、小学生になればいじめられ、ストレスの蓄積からチックになり、家庭内暴力をふるい、母を殴り、家を破壊し、14歳で統合失調症になってしまった。20歳ごろ少し働きに出たが、トラブル、怪我を相次いで起こすため、ほとんど続かなかった。

統合失調症がつらかったのだろうと思うけれど、私は兄が何度も何度も自殺にトライするところを見ている。洗面器いっぱいの錠剤を吐いたりしていた。

育てづらい子どもだった兄は、生きづらい人になってしまった。

 

私は兄を気の毒に思う。

今は病院に入院しているが、この人の居場所は社会のどこにもないのではないかと、ときどき思う。

 

 

ほんとそうですよ。発達障害なんて持って生まれないにこしたことないですよ。

 

 

おわり

 

 

京都弁でブログを書いてみる実験

実はこのブログは初期はちらほら京都弁が顔を出していました。語尾なんかで。

だけど、やっぱりいきなり京都弁が入ってくるとすごく読みづらいんですよね。それであるとき、直せるものは直しました。

今は、基本的に標準語で書いています。

そういえば、東京へ引っ越してきたとき、なまりが全然ぬけなくて、がんばって標準語で話そうとして何言ってるのかわからなくなったり、ろれつが回らなくなったりしたなぁ。

数ヶ月経って、自分の言葉はずいぶん変わってきましたが、正直私は京都弁が恋しくてたまりません。

東京に住んでいますが、京都弁で思い切りしゃべれる友達がいたら嬉しい。

 

 

以前どこかのブログで読んだのですが、方言はイントネーションの言葉だと。

だから、京都弁を文章にして書くとすごく嘘くさくなるんだとか。

とても興味深い。

自分もこれを実験でやってみようと思います。

 

ちなみに京都弁も地域によって全然違うんですよね。年代によっても違う。

おばあちゃんで80代以降くらいの人で、住む地域によっては本当に花街言葉を使う人とかもいます。そのあたりで生まれた人なのかもしれません。

 

では、はじまりはじまり〜。

内容はほぼ前回のブログと一緒(わざと)

 

 

あんな、きのうめっちゃしんどい事あってなぁ。鬱ブログ書いたねんか。首吊りたいって書いたら読者減ってな、わろてしもた。そら朝からそんなん読みたないわな。

ブログ書いてきて1年ちょっとになるねんけど、ここでちょっと振り返ってみるわ。

 

きのうな、猫ブロガーや言うてな、別のブログで紹介してくれはってなぁ。

www.cheer-up.info

せやけどこんなん、私みたいなんが紹介されてえんやろか…(ありがとうございます)

「京都のお店を紹介されています」って書いてはるけど。私、客観的な立ち位置がわかってよかったわ。

 

私おもたんやけどな、 もともと、このブログは私がしんどいとか生きづらいとか、そういうのん、吐き出したいブログやったねんか。そしたら共感してくれはる人が出てきはったやろ。私びっくりしたわ。世界は広いなー思たわ。

 

読者さんが減ったんはやっぱりショックやったねん。

けどなぁ、やっぱり好ましい記事ばかり書くゥいうのんはちょっと違うんちゃうンかなぁって思うねんよ。私はもともとガチメンヘラやねん。やから、そういうのんばっか書いててもやっぱ続かへんのちゃうかなぁ…ブログとして楽しい記事ってあるやんかー。でもな、やっぱなにか違うと思うねん。

 

収益化も考えててんけどな、やっぱ私あかんわ…ようわかれへん。

収益化できたらええなーってずうっとおもてたし、ブコメで指南してくれはる人もいはってんけどなぁ。言うてはること自体がようわからへんにゃわぁ。うちなー夫もわっからへんねん。せやからわからへん人ってのんはやっぱ実際いはんのちゃうかなぁ。

でもまぁ、なんとかわかるようになりたいわぁ。できてはる人、ほんますごいなと思うわ。

 

せやけどさ、私ほーんま心が弱いねん。へたに収益化とかしたら、めっちゃPVとかに囚われそうやしなー。やしーしばらくは今のままで行くわ。

 

またのらりくらり書いてくわ。

 

 

 

どうでしょうか。

やはり標準語と印象が違いますね。

関西弁を嫌いな人には吐き気がする文章でしょう。グハハ。

ああ。面白かった。

 

 

おわり 

ブログ

先日、すごくしんどいことがあって、ブログに「首を吊りたいと思った」と書いたら、読者が減りました。思わず笑ってしまいました。

そらまぁ普通は朝からそんなの読みたくないわな。

 

ブログをつけてきて1年ちょっとになるわけですが、ここで少し自分のブログを振り返ってみることにしました。

 

先日、猫アイコンのブロガーさんということで、このブログを別のブログで紹介してもらいました。

 

www.cheer-up.info

私みたいなのが紹介されて良いんだろうか…とふと思ってしまったり。

(ありがとうございます)

この中でも「京都のお店を紹介されています」と書いてあるので、やっぱり、パッと見そういう印象なんでしょうか。客観的に見た立ち居値がわかってよかったです。

 

メンヘラ記事を書いて読者が減ったあと、自分なりに考えたんですけど、

もともと、このブログは、障害や難病など、生きづらさによる苦しみを吐き出すためのもので、思いの丈を書きなぐり綴っていたら共感してくれる人がちらほらと出てきた、世界は広いなぁーみたいなブログです。

 

読者が減ってしまったことはやっぱり少しショックで、苦しいからと垂れ流しちゃあかんなと思って記事は消してしまったんですけど、でも、だからといって、ブログの読者に読まれるべく、そういった方面を一切書かないで行くというのも、やっぱり違う気がしてきました。ブログとして好ましい記事、楽しい記事って確実にあると思うんですけど、そういうのだけ書いていたら、もとがメンヘラなので苦しくて続かないと思いました。

 

 

少し前に「ブログの収益化が理解できない」という記事を書いたんですが、

ブコメで、指南してくれる人がいました。

 

稼げない人 - けっこう毛だらけ猫愛だらけ

アフィリエイト < グーグルアドセンスに登録してブログテンプレートに広告ユニットのスクリプト貼り付けとくだけでいいよ

2017/08/28 20:07

b.hatena.ne.jp

 

ありがとうございます。でも、自分は「グーグルアドセンスに登録して」というののやり方が、そもそもわからないのです。せっかくコメントくださったのにすみません。

なんとかわかるようにがんばりたいと思いますが…

実はこのへんは夫もわからないんですよね。だからわからない人はやっぱりいるんじゃないかなと思います。。

収益化すると、逆にPVのための記事を書いてしまいそうだし、もともとが非常に心が弱いので、PVにとらわれておかしくなりそうな自分がいます。

なので、もうしばらくはもうこのままいくことにしました。

 

そんなわけで、またこれからものらりくらりと書いて行けたらと思っています。

 

 

 おわり

 

9月に不登校になった話

こんな増田があったので、へー、と思いつつ自分の話も書いてみたいと思います。

この増田みたいに爽やかな終わり方じゃありません。

精神病の話、グロ話注意なので、そういうのが嫌な人は読まないでください。

anond.hatelabo.jp

これを読んで思ったんですが、最近はオルタナティブスクールとか通信制高校とか単位制高校とかがあって、すごく多様化してきたし恵まれてもいるなぁと感じます。

私がまだ10代のころというのは、そういった学校も少なく、選択肢もほとんどありませんでした。だからこういうケースはすごく羨ましい。

 

9月1日は中学生の自殺がもっとも多いんだとかで、この時期だけそういった話題が多くなるように思います。

私も、ちょうど中学2年生の2学期ですね。どうにも学校へ行けなくなりました。

そこから7年間引きこもりました。だからある意味で「逃げた」とも言えなくもない。

 

ちょうど1年前ですが、こんなブログを書いてました。

nenesan0102.hatenablog.com

 

中学〜高校生の時期に7年もの長いあいだ引きこもりになったことは、私の人生に暗い影を落としまして、当然ながら就職もできませんでしたし、この時期に学ぶことがごっそりと抜け落ちていて、世間知が足りない半端な人間になってしまいました。

「逃げて」というメッセージを小中学生に送るのは、けして悪いことではないと思うのですが、実際の社会は空白期間を赦してくれるわけではありません。

 

私は引きこもりのために年齢が行ってしまっていたため、就職活動のときには新卒の枠に入れる年齢ではなかったため、もう、しっちゃかめっちゃかになりました。

実社会は厳しいし、少し休むことすら赦されないのが現実だと思います。とにかく瑕疵のない人でないと、まともな職に就けないんだなぁとしみじみした覚えがあります。

 

 

 

ときどきこのブログにも登場するのですが、私の兄は中学生のときに統合失調症を発症しました。家の裏にAさんという宅があるんですけど、兄の部屋の、そのお宅に面した壁から、Aさん一家が兄を罵倒する声が一日中聴こえてくるらしい。

これはもろに統合失調症の幻聴なんですけど、当人は本気で自分が悪口を言われていると思ってますから、裏の家の壁に向かってひどい罵声を浴びせかけたあと、唾をベッ!と吐き出すという行動に出ていました。

ある日、裏にまわってみて、A宅の裏の壁がとんでもなく汚れているのを見て、私は本当にゾッとしました。A家の人は気づいていたと思いますが、汚れはかなり長いあいだ放置されていました。兄はときどき吐瀉物のようなものもAさん宅の壁にむかって吐きかけていて、壁は異様にカラフルになっていました。

 

実は兄にも私にも発達障害があって、兄の統合失調症はベースにアスペルガーがありました。兄の自閉症は私よりもはるかに重いものだったのですが、当時は薬も療育もありませんでした。

 

私は神経が脆いタイプなので、兄が夜中に吠えたり壁を蹴ったりするのは、とても苦しかった。それで不眠になって、ほとんど寝られないままで学校へ行く。私は次第に鬱になっていって、リストカットを繰り返すようになりました。リストカットのために学校で孤立していったのですが、同時に兄のことが「あのへんの地域に狂った人がいる!」と学校で噂になっていました。それがトリガーだったと思います。兄の存在は、私にとって「恥」になっていました。

(ひどい言い方ですが、兄が統合失調症にならなければ、私は不登校にはならなかったのではないかと思うときもあります)

 

やはりもともと障害があるかどうかは大きなファクターだと思います。

もともとの素質に発達障害などがあると、社会性が育ちにくいし、それが原因になってなかなか仕事に就けなかったりします。だから一口に不登校といっても、もともと障害がない人は案外立ち直って行けたりするのではないかなというのが個人的な見解です。

中学2年生の夏休みは、今思い返しても暗黒というか、黒歴史的な意味合いも含めてすごく酷かったなぁという感じがよみがえってきます。

なんとか乗り越えたので、今、こうして生きているわけなんですけど、生きるのがへたくそな人、世渡りが上手じゃない人って、中学生の頃にもうすでにその片鱗が見えてくるなぁと思ったりします。。

 

 増田のように、ロールモデルとなる先駆者がいるかどうかも、運命を分けるなぁと思ったりします。

 

何が言いたいかって、増田の弟うらやましいなぁって事です。

 

 

おわり