けっこう毛だらけ猫愛だらけ

いつもニャーニャー鳴いています。

京都駅でおっさんに絡まれた話

こんな匿名ダイアリーがあった。

anond.hatelabo.jp

自分のコメントはこんなん

社会人になってから「酒もタバコもギャンブルもやらずに何が楽しいの?」..

28くらいの時に京都駅で声かけてきた小汚い60くらいのおっさんにほぼ同じこと言われたことある。(ギャンブルの代わりにセックスだった) 絶句したなぁ。この人こんな歳になってそんなことしか楽しみがないのかと。

2017/11/16 19:30

b.hatena.ne.jp

 

今から10年ほど前になるのだけれど、このとき京都駅のホテル・グランヴィアに入っているイタリアンレストランで同窓会があり、少しおめかししてランチの時間帯に京都駅近くに出かけていた。同窓会を終えて、14時頃だったろうか。京都駅の地下を歩いていたところ、観光客とおぼしきおっさんに声をかけられた。京都駅はすごく大きなターミナル駅で、いつもたくさんの観光客がいるから、道を聞かれたらなるべくきちんと応えるようにしている。

 

お「すみません、迷っちゃって。東京から取材で来たんだけど八条口はどっち?」

おっさんの毛玉だらけのよれたセーターにはコーヒーとおぼしき染みがべったりとついていた。うわ、きったね。心の片隅でそう思った。

私「あちらです、歩いて5分くらいで着きますよ」

お「京都に取材で来たんだけどね。よかったらコーヒーでもどう?」

私「すみません、私コーヒー飲めないんですよ」

お「じゃあお酒はどう?」(※真っ昼間である)

私「お酒も飲めないんですよ」

お「…(少し考えたあと)じゃあ、セックスしない?」

私「セックス嫌いなんですよ」

 

おっさんはすごくびっくりした顔をして、

「お酒もコーヒーも飲めなくてセックスも嫌いで、あなた何が楽しくて生きているの?」

 

私は純粋にびっくりした。

この人はこんなことしか楽しみがないのかと思ってしまったのだ。

 

おっさんは、おそらくだが京都へ来て羽根を伸ばし、奥さんの目の届かないところで行きずりのよその女とイチャコラして、あわよくばタダでセックスして、そら大人だもの後腐れのないセックスを一瞬だけ楽しんで、お互い楽しんだしいいじゃないのというのが、ありありと見て取れてしまったので、私はおっさんに嫌悪感を持った。

 

「お酒とコーヒーが飲めてセックスができれば楽しい人生なんですか?」

とか

「もういい歳なのにそんなことだけで楽しいんですか?」

と思ったけれど、こういうイヤミを言ったら即座に殴られてしまいそうな雰囲気だったので、「そうですね〜」と言って離れてしまった。おっさんは追いかけてこなかった。

ホッとした。

 

ようは道に迷ったふうを装ったナンパだったわけで。

(気づくの遅い)

お茶をするのもダメで、お酒を一緒に飲むのもダメだからじゃあセックスしようってなる発想もすごいね。

 

 この頃は飲めなかったけれど、最近すこしコーヒーの美味しさがわかるようになってきた。

 

 

 

おわり

最近好きなtwitter猫まんが

twitterで、最近すごく楽しみにしている漫画があります。

 

ひとつめは、桜井海さん(@sakurai_umi_)の『おじさまと猫』。

ダンディで美形なおじさまが、ある日ペットショップでずんぐりした猫と出会います。おじさまは猫に「ふくまる」と名付け、おじさまと猫の小さな物語が始まります。

話が進むにつれ、少しずつ明かされて行くおじさまのバックグラウンド。

なにげない日常と猫を飼う生活が描かれて行くのですが、、

 

 

もう、涙ちょちょぎれ!!!!(´;ω;`)

 

悲しい場面はほとんどないのですが、気づけば顔面が涙でくちゃくちゃになっています。ささやかで、ほんとうに暖かな物語がここにあります(´;ω;`)

 『おじさまと猫』は、作者桜井海さんのtwitterまとめサイトなどで無料で読むことができます。

corobuzz.com

 

そういえば自分の中で「ふくまる」といえば、おばあちゃんと一緒に暮らしていた白いオッドアイの猫さんで。こちらは漫画ではないのですが、猫が好きな人にはたまらない写真集となっています。

buzzmag.jp

 

実は、このみさおばあちゃんの家の「ふくまる」は、みさおばあちゃんを置いてお花に囲まれながら先に天国へ旅だってしまうのですが、その場面も涙ぼろぼろになります…。

猫はとても愛情深い動物ですから、おばあちゃんと猫が互いに強い愛情を持っていることが写真から伝わってきて、それがたまらなく心をゆさぶります。

 

 

2作目は、@tsushimacat さんの『俺、つしま』です。

色鉛筆で塗ってあるという実に独特の絵柄で、おじいちゃんと猫さんたちの生活が描かれています。おじいちゃんは、おじいちゃんに表現してあるだけで、じつはおばさんらしい。

猫を飼ったことのある人ならわかるのですが、猫という生き物は個体差はあるのですが非常にユーモラスな一面を持っています。だから、猫がいるだけで笑みがこぼれます。

猫好きな人は、猫のそういう表情をよく知っています。

この漫画には、猫ならではのおもしろさが詰まっている。そんな漫画です。

 

 

この絵を見ていたらわかるんですけど、本当に猫さんをよく見てるなーと思う。

よくわからないどこかの猫がやってきて平気でエサをもらってまたどこかへ消えて行くというのも猫さんのよくいる郊外あるあるですね。たいていこういう猫さんは別の家の飼い猫だったり、あちこちでエサをもらいながら生きている半野良なんですよね。

猫さんは独自のネットワークがありますからね。「あの家はおいしい御飯くれるぞ」みたいなのをあきらかに共有していたりします。

 

こちらもtwitterをさかのぼっていくと、全部無料で読むことができます。

 

 

以上、おすすめのtwitter猫まんがでした!

 

 

おわり

小川治兵衛の庭

f:id:nenesan0102:20170913172954j:plain

無燐庵

 

 今日は1人の天才庭師のことを取り上げてみたい。

庭師、造園家という仕事はとても奥が深い。植物や樹木について、その生態を熟知していなければならないし、まっさらなところから庭を造り上げることになれば、なによりクリエイティブでなければならない。素晴らしい庭園は、春夏秋冬にそれぞれの表情を見せてくれる。その変化まで計算して庭が造られている。

 ■

  私は庭のことはほとんどわからない。ものすごいど素人である。

だけど、好きな庭があって、そこへ行くと落ち着いたり癒されたりする。穏やかさや美しさに感嘆する。

好きだと感じる庭の多くが小川治兵衛の手によるものだと知ったときは、少し感激した。ようするに小川治兵衛の作る庭が自分の感性に合うのだと思う。

 

小川治兵衛は日本の庭師の中でもレジェンドオブレジェンドみたいな人だ。天才庭師と呼ばれている。小川治兵衛。どのような人なのだろうか。簡単に経歴を調べてみる。

 小川治兵衛は、万延元年(1860)、江戸の末期に山城国乙訓郡神足村(いまの長岡京市)に生まれ、昭和のはじめに亡くなっている。江戸、明治、大正、昭和という激動の時代を生きた人である。

明治12年(1879)に、「七代目小川治兵衛」を襲名している。このときわずか19歳。たった19歳で宝暦年間より続いてきた小川治兵衛の名を継いでいるということは、よほどその才覚が目覚ましかったのだろう。

小川治兵衛の庭の仕事はそうそうたる物で、南禅寺、無燐庵、円山公園大徳寺高台寺、八坂神社、平安神宮などなど、誰もが知るような観光名所がずらりと並ぶ。

これらの名勝に共通するのは、美しいだけでなく、どこかなよやかなのである。

なだらかに作られた丘、おだやかな起伏のある地形を生かした造形、丸みをおびた曲線がえがく小さな小さな小川。

ごっつい岩とか雄々しさを好む人もいるが、小川治兵衛の庭にそういったものの印象はほとんどない。京都の人はやはりはんなりとしたものを好むのだなぁと思ったりもする。

 

 

 南禅寺のすぐそばにある無燐庵は、山県有朋の別邸だ。

ここの庭が私は大好きで、何度か訪れている。とりわけ紅葉の季節はものすごく美しい。南禅寺がもう人でごったがえする時期に、無燐庵はかなりひっそりしている。穴場だと思う。

murin-an.jp

 

 無燐庵は、明治27年(1894)〜明治29年(1896) にかけて造営された庭である。このとき小川治兵衛は30なかばくらいの脂ののった歳の頃で、無燐庵の前にも山県有朋の指示によって庭を造営している。

 無燐庵より前の時期に造営された邸宅の庭は、もとの名を「高瀬川源流庭園」と言う。現在は「がんこ二条苑」となっている。

「がんこ二条苑」は、ほどほどの値段で大変美しいお庭が楽しめるので、私は外国人に「なにかおすすめの店はないか」と聞かれたときは、よく「がんこ二条苑」を提案していた。

お屋敷・高瀬川二条苑 | 店舗を探す | がんこフードサービス株式会社


高瀬川源流庭園についての写真はこちらが素晴らしいのでリンクを貼っておく。

高瀬川源流庭園(高瀬川二条苑)/角倉了以別邸、山県有朋第二無鄰菴跡/京都の庭園と伝統建築/造形礼賛

 

 無燐庵や高瀬川源流庭園の施主である山県有朋は、1838年(天保9年)の生まれだから、無燐庵が造営されていたときはだいたい56〜58歳くらい。小川治兵衛の20歳ほど年上である。

長州のおさむらいさんだった山県有朋が、これだけ繊細で美しい庭をぞくぞくと造り上げたというのがなんともいえない。

山県有朋と小川治兵衛の関係は、ただの施工主と庭師というものを超えた何かがあるように思える。この二人は互いの感性を理解しつつ、弟子と師匠のような関係でもあったのではないかと思えてくる。山県有朋を施主として、小川治兵衛は次々と大きな仕事を成功させ、才能を開花させていく。二人に強い信頼関係があったのは疑うまでもないだろう。

  山県有朋はもともと庭を造るのが趣味だったようだ。センスが本当に良い人だったのだろう。東京にある「椿山荘」もまた、山県有朋による造庭だと知って驚いた。

hotel-chinzanso-tokyo.jp

無燐庵と違い、椿山荘は大正12年に大震災を経験している。このときの被害は大丈夫だったのだろうか。

 ■

 話を無燐庵に戻そう。

私は2年ほど前に結婚したのだが、このとき、無燐庵で婚礼写真を撮れないかと思い、京都市に問い合わせたことがある。

ところがこのときの京都市の返答は「NO」で、なんでも婚礼写真撮影のために業者が生け垣にぶつかってしまったり、重い婚礼衣裳が調度品に当たって傷がついたりしたことがあったらしい。それで自分の場合は諦めたのだが、その後あっさりと婚礼写真OKになった旨が「市民しんぶん」に出ていた(悔しい!)。私は無理だったが、一生の記念写真を名勝で残すのもありだと思う。

 私は無燐庵の庵のところで写真を撮るのが好きで、15年くらい前にも同じ構図の写真を撮っている。何年かあとにも同じ場所で撮れたら良いなぁと思っている。

f:id:nenesan0102:20171030094814j:plain

 

 つい先日知ったのだが、東京には「椿山荘」のほかに、「旧古河庭園」というところが、小川治兵衛の手によるものだそうだ。1919年(大正8年)に建てられたそうだから、小川治兵衛はこのとき59歳。キャリア40年以上のベテラン庭師、この頃は名声が轟きわたっていた頃と思う。しかしこちらも4年後に大震災に見舞われているので、アホみたいだが大丈夫だったのかなと思ったりする。丹精こめて造り上げた庭の、大地震による破壊というのはどれほどのダメージかと心をはせてみたりする。

 

旧古河庭園は、いまとても行ってみたいところの1つである。

旧古河庭園|公園へ行こう!

f:id:nenesan0102:20171030121954j:plain

旧古河庭園 on Twitter: "日本庭園の紅葉がハゼを中心にずいぶん進んできました。バラと一緒に紅葉をお楽しみいただけるのも当園の魅力です。ぜひご来園ください!
#紅葉 #旧古河庭園 https://t.co/TWfkjI23Bp"

 

今回、このエントリを書くにあたって、小川治兵衛の庭の年表などが作れないかなと画策したりもしたのだが、いつ造園されたのかという記録がはっきりしない庭もかなりあり、諦めました。年代ごとに追ったらすごく面白いんじゃないかというのは今でも思っていたりします。

これから紅葉の季節になるので、紅葉狩りへ行かれる人はぜひ小川治兵衛の庭に足を運んでみてください。

 

 ■

 

ここから余談(ステマ)になるのですが、退蔵院という有名寺院があるのですが、ここのお庭もまたとても綺麗です。

www.taizoin.com

 このお寺さんでは、お食事をいただきながら庭を見るというプランをやってまして、それが非常に美しい。

taiken.onozomi.com

f:id:nenesan0102:20171030095132p:plain

いいですね、お弁当。お弁当大好きなのでたまりません。

京都を訪れる予定のある方はぜひご一考ください。

京都のお寺さんのほとんどはだいたい足元が寒いですから、足の防寒だけ気をつけていただければと思います。

 

 

 

おわり 

 

 

 

雑感

前回書いたブログの反響がかなりあり、読者も増えるしPVもすごかったです。

読んでくださった皆様、ありがとうございます! 

nenesan0102.hatenablog.com

 

署名に賛同してくださった方もいて、心からお礼を述べたいと思います。

 

実は、私はというと、大矢誠の起こした事件を知ってから、非常につらい気持ちになることが増え、シャワーを浴びていれば熱湯をかけられた猫のことを思い出して背中がゾワッとなるし、料理のために鍋で熱湯を沸かしているのを見れば吐き気がする等、軽くPTSDみたいになっていました。

もともと自分はあまり太い神経ではないのですが、つらい気持ちがずっと続いていました。涙がぼろぼろ出てしまうことも多く、どうしてあんなに残酷な事件が起きてしまったのだろうと、今も悔しさや悲しみで一杯になります。

 

以前、こげんたちゃん事件が起きたとき、お寺で法要してもらっている図があり、今回の事件も、なんとかお寺さんで供養ができないものかと考えたりしました。これは今も考えていますが、いかんせん自分1人のちからでは難しいため、どうしたら可能かなと考えています。なんらかの形で供養をしてあげたいと思っています。

 

 

また、このような事件が起きないように、法制度の厳罰化もなんとか求めて行かねばと思っています。私には微々たる力しかありませんが行動しなければ始まらない。

 

 

近所の公園のゴミ拾いをしてきました。

タバコが落ちているのがいつも気になっていたのです。

タバコの吸い殻10数本と、タバコ(ピース)の箱の殻、ピンク色の綺麗な細い箱のタバコの箱などがありました。

拾うまではタバコの銘柄はバラバラなのではないかと勝手に思っていたのですが、いざ拾ってみたら同じ銘柄のタバコばかり。おそらくですが同一人物が吸ったものをポイ捨てしているのでしょう。20本近く拾いましたが、銘柄はたった3種だけでした。へえ〜と思いました。

ひどいなーと思ったのは、公園にあるしげみの中にタバコの吸い殻があったこと。

これ一歩間違ったら火事になるじゃないですか…こらアカン

タバコを吸う方はマナーを守りましょう。

 

 

おわり

どうか署名をお願いします

大矢誠容疑者の事件を、少しずつはてなブログでも取り上げる動きが出てきました。

www.akihuooblog.com

 

www.rairi.xyz

 

私は、この事件を知ってしばらく、首もとをギューッと何かにおさえつけられているような、そんな苦しさをずっと感じていました。

大矢誠容疑者が近くに住んでいなくてよかった。心からそう思いました。

猫が焼かれて、その痛みにじっと耐えている画像や、恐怖や苦しみのあまりに脱糞して発狂している姿の写真を見たときは、つらくて涙が止まりませんでした。

苦しくて悲鳴をあげる猫の喉にバーナーを突っ込んで喉を焼く、眼球を焼くなどもしています。凄惨きわまりない行為です。

 

私はとても猫が好きですが、けして世の中にはそういう人ばかりではないのもよくわかっています。

しかし、わざわざエサでおびき寄せて、捕まえて熱湯をかけて皮をはいだり、苦しむ姿を見てそれを笑うというのは、あまりにも残虐性が高すぎます。普通の感覚からは逸脱している。

ただ殺傷するのではなく、ざわざわいたぶって、猫たちが苦しむ姿を見て喜んでいるのです。

このような人はあえてそういった嗜虐性を楽しんでいる。

そして、大矢容疑者の映像で快楽を得ているという人が全国に多数いるという現実に吐き気がしました。

 

怖いのは、容疑者本人は反省の色がまったくないことです。

法制度が変わって実刑が下ったり、その後も要注意人物としてGPSを埋め込まれたりしなければ、自身の快楽のために何度でも何度でも、再び猫を拷問死させる可能性が限りなく高い。

これは大変危険なことだと思います。

 

大矢容疑者にとっては猫が飼い猫かどうかなども関係ありません。

画像を見ましたが、大変きれいな毛並みの、家猫のような猫さんもいました。

けして野良だから殺していいわけではありませんがご自身の飼い猫がこんな目にあったら…と、全国の猫飼いさんは震え上がったと思います。

 

大矢被告人に対しての実刑を求める署名が行われています。

www.change.org

 

私は、現在の法制度のありかたを変えて行かなければと思っています。

アメリカでは猫を数十匹殺した犯人が禁錮20年という判決を受けています。

日本では猫は器物扱いなので、このような重罪が言い渡されることはまずありません。

しかし、大矢容疑者のしたあまりに残酷な犯罪をみると、はたしてそれで良いのだろうかと思わざるをえない。

犯罪抑止のためにも法制度が変わらないとダメなのではないかと思っています。

 

最後に、なぜ大矢容疑者が捕まったのかというと、亡くなったかと思われていた猫さんのうちの1匹が、最後に猛反撃をして、大矢の腕に傷を負わせたからだそうです。

その傷が映像に写っていたものと同一だったことから逮捕に至ったそうです。

 

苦しみぬいて殺されて行った猫さんたちのために、祈りたいと思います。

 

 

 

おわり

2017年夏季のお弁当を一挙大公開!

いつのまにかお弁当写真が貯まっていたので、またお弁当エントリです。

前回のお弁当エントリはこちら。

nenesan0102.hatenablog.com

少しずつお弁当箱の大きさそのものに慣れてきて、お弁当を作るのもずいぶん気楽になってきました。ここに載せていませんが、だいぶ手抜きの弁当もあります。

 

■7月のお弁当

前回のエントリは7/7の七夕の弁当で終わっているので、その続きです。

f:id:nenesan0102:20171013215508j:plain

・7月10日

インゲン肉巻き、小松菜ピーナッツ和え、カニカマ卵焼き、人参グラッセ

いつも弁当の残りを同じような弁当にして、私も食べているのですが、この日はたまたま多く具材が残ったので、遊びでわっぱ弁当を詰めてみました。

f:id:nenesan0102:20171013215644j:plain

いやー、わっぱって本当にフォトジェニックですね!

 

f:id:nenesan0102:20171013215709j:plain

・7月11日

ゴーヤ挽肉炒め、ポテサラ、ブロッコリー、かぼちゃソテー、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171013215817j:plain

・7月12日

鶏肉のチリソース和え、人参ツナ、オクラのピーナッツ和え、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171013215858j:plain

・7月13日

鶏肉ごぼう巻き、人参ツナ、ブロッコリー、ひじき煮物

 

f:id:nenesan0102:20171014124425j:plain

 ・7月18日

鮭フライ、卵焼き、ブロッコリー、ひじき煮物

 

f:id:nenesan0102:20171014124513j:plain

・7月20日 

アスパラロールフライ、ブロッコリー、叩きごぼう、人参グラッセ

 

f:id:nenesan0102:20171014124603j:plain

・7月25日

蓮根のはさみ焼き、卵焼き、小松菜ごま和え

(弁当箱のサイズにぴったりの蓮根があって感激!)

 

f:id:nenesan0102:20171014124646j:plain

・7月26日

鶏からあげ、小松菜ベーコン、人参グラッセ

 

■8月

f:id:nenesan0102:20171014124856j:plain

・8月3日

オクラ肉巻き、卵焼き、ひじき煮、小松菜ピーナッツ和え

 

f:id:nenesan0102:20171014124937j:plain

・8月4日

鶏からあげのチリマヨネーズ和え、チーズ卵焼き、ひじき煮、オクラゴマ和え

 

f:id:nenesan0102:20171014125016j:plain

・8月22日

野菜肉巻き、三つ葉の和え物、切り干し大根

f:id:nenesan0102:20171014125121j:plain

・8月24日

鶏のきじ焼き、ししとうの焼いたん、枝豆入卵焼き、切り干し大根

 

f:id:nenesan0102:20171014125209j:plain

・8月25日

鶏ムネのコチュジャン炒め、チーズ卵焼き、オクラのゴマ和え

 

f:id:nenesan0102:20171014125257j:plain

・8月26日

鯖焼き、卵焼き、エリンギのベーコン巻き、ししとう焼いたん

 

f:id:nenesan0102:20171014125347j:plain

・8月28日

オクラ肉巻き、卵焼き、高野豆腐と野菜の炊いたん

 

f:id:nenesan0102:20171014125442j:plain

・8月30日

鶏つくねと蓮根の黒酢炒め、ひじき煮物、きゅうりちくわ

 

f:id:nenesan0102:20171014125523j:plain

・8月31日

鶏のチリソース炒め、卵焼き、ほうれん草ベーコン

 

■9月

 

f:id:nenesan0102:20171014130052j:plain

・9月5日

小松菜と挽肉炒め、きぬさやのベーコン巻き、昆布煮、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171014125657j:plain

・9月7日

鶏肉の野菜巻き、枝豆入卵焼き、オクラゴマ和え

(この鶏もも肉で野菜を巻いたスタイルが気に入り、この後たびたび登場します)

 

f:id:nenesan0102:20171014125757j:plain

・9月13日

オクラ肉巻き、卵焼き、ブロッコリー、ほうれん草おかか和え

 

f:id:nenesan0102:20171014125839j:plain

・9月14日

信太巻き、卵焼き、チーズちくわ、きぬさやのピーナッツ和え

(信太巻きは鶏挽肉で作ったタネを油揚げで巻き、煮付けたものです)

 

f:id:nenesan0102:20171014125944j:plain

・9月15日

チーズアスパラフライ、ブロッコリーミニトマト

 

f:id:nenesan0102:20171014130139j:plain

・9月22日

鶏もものしそチーズロール、こんにゃくとちくわのぴりから煮、ブロッコリー、ほうれん草ゴマ和え

 

f:id:nenesan0102:20171014130233j:plain

・9月25日

焼き鮭、ウィンナー、ブロッコリーゴマ和え、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171014130320j:plain

・9月26日

鶏つくねと蓮根のパプリカの黒酢炒め、ちくわきゅうり

 

f:id:nenesan0102:20171014130358j:plain

・9月27日

信太巻き再び登場、枝豆ひじきのマヨ和え、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171014130431j:plain

・9月28日

鶏からあげ、インゲンマヨ和え

 

■10月

 

f:id:nenesan0102:20171014130549j:plain

・10月3日

鶏の照り焼きロール、三つ葉の和え物、きんぴらごぼう、きのこごはん

 

f:id:nenesan0102:20171014130651j:plain

・10月11日

信太巻き、ほうれん草ゴマ和え、きんぴらごぼう、卵焼き

 

f:id:nenesan0102:20171014130636j:plain

・10月13日

鶏つくね、ほうれん草ゴマ和え、切り干し大根

 

 

こんなかんじです。 

最近はぼちぼち頑張れればよいかなーと思っています。

 

 

 

おわり

 

薫製屋マーケット

奇妙に思われるかもしれませんが、行ったことのないお店の紹介をします。

行ったことはありませんが味は絶対に美味しいです。

 

今から3〜4年前でしょうか。

私が当時住んでいた、京都の中心部あたりに、この薫製屋マーケットさんが車で薫製を売りに来ていたのです。ニコニコした笑顔が印象に残る女性がいつも車の前に立っていました。

ソーセージ、ベーコン、鴨、たまご、いろいろなものが薫製になって、車にぎっしり詰められていました。

そうです、その頃はまだ薫製屋さんは実店舗がなく、車に薫製を積んで売りにきていたんですね。

聞けば滋賀の山の方(自宅)で薫製を作り、京都の街に売りに出てくるのだとか。

どういう手法で薫製していたのかはわかりませんが、もう、とにかくめっちゃくちゃ美味しかったのを覚えています。

 

突如として京の街に現れた薫製屋さんはあれよあれよと有名になり、気がついたら山科(地下鉄東西線東野駅)に実の店舗が出来ていました。

 

kyotopi.jp

 

 

今では薫製を15種も使ったランチなんかもされているようです。

行きたい!!!!

ima.goo.ne.jp

 

 

おわり