けっこう毛だらけ猫愛だらけ

いつもニャーニャー鳴いています。

銀座でお寿司を食べたいと思わない

先日、こんな増田があった。

anond.hatelabo.jp

 

まだ若いころ、私にも「いつか銀座でお寿司をつまんでみたい」というほのかな願望があった。きっと、めくるめくような体験なのだろうと思っていた。

だが、とある理由でその思いはほとんどなくなってしまった。

 

 

今から20年ほど前、大学生だったころ、友達に東京の大学へ通っている子がいた。

この人は非常におもしろい人生の人で、あれやこれやといろいろなバイトを体験していて、その話を聞くのがまたおもしろかった。

この子が、銀座でお水のホステスのバイトをしていたのだ。

そこがすごい高級クラブで、女子大生は東大とお茶の水、早稲田慶応あたりの眉目秀麗な女子しかやとわない。(この友達はめずらしい東大生女子)

しかし客層がすごい。友達は「村○さんはよく来た」と言っていた。

そういうレベルの客層なのである。

当時、村○さんはテレビで報道されない日はないくらいに時の人だったから、話を聞いて「おお、すげえ…」と思ったものである。

 

 

そんなところでバイトをしているものだから、彼女は感覚がだいぶ普通と違った。

クラブの客から株券をポンともらったとも聞いた。(よい時代である)

銀座の高級クラブのしきたりはよくわからないが、同伴とかいうやつで客と寿司屋にも行く。増田が行っていたみたいな、一人3万円〜くらいのまわらない寿司屋だ。

 

彼女がある日けっこう衝撃的なことを言っていたのだ。

「こないだ、すぐ近くに香水ムンムンの同業者が座ってて。ものすごい匂いで味なんか全然わからないの。同業者だしどこの店かもわかってるんだけど。お寿司は高いけどそもそも自分のお金で食べてるわけじゃないから何も痛くないけど」

 彼女は、両手で目の前の空気をばさばさとかきわける仕草をして、「あれは本当にくさかった〜!」と言っていた。

 

私はこれはなかなかの衝撃であった。

そうだ、夜の蝶は個人差はあれ、香水くさい可能性が高いのだ。

この友達はたまたまそういった類のものをいっさいしない人だったが、夜の蝶の中では希有な方だろう。鼻がひんまがるほどの香水をつけた人も全然珍しくないのだ。

 

私みたいな庶民にとって、一人3万円のお寿司なんて、かなり貴重な体験だ。

それが香水の匂いにまみれていたらどうなるか。

後からそういう客が近くに来ることは、こちらにはどうにもできない。

もし、そんなことになったら貴重な体験はめちゃくちゃな思い出になってしまう。

そんなの嫌だ。

 

そうか…銀座の高級寿司屋は、高級クラブの客とホステスが同伴で使うんだなぁ…

そう思ってから、 あこがれのような気持ちがどこかへプシュー…と消えてしまった。 お寿司の値段が高ければ高いほど、残念度が増して行く…。

 

 

「マンダリン・オリエンタル・ホテル」の寿司屋には行ってみたい気持ちをそそられるときもあるが、高所恐怖症なので、どこまで楽しめるかわからない。

www.mandarinoriental.co.jp

 

しかし、香水や柔軟剤の匂いをぷんぷんまわりに振りまきながらお寿司屋さんへ来るのは、やっぱりまわりの客に迷惑だと思うのは私だけだろうか。

 

 

 

おわり

 

夫の友人たちとトラブルになってしまった話

今日書くのは、本当に個人的な愚痴エントリなので、すっとばしてください。読みたい人は読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

先日書いたエントリに、こんなコメントをいただきました。

 

IDコールされたのでお返事 - けっこう毛だらけ猫愛だらけ

薬が合い楽になったのは良いけど一時的なものであり根本的な解決とはなっていないのでは?厳しい言い方ですが発達障害を持つ主様と結婚を続けている限り夫君はずっとストレスを抱え続けていくしかないのでしょう…。

2018/02/14 16:08

b.hatena.ne.jp

これは本当にそうで、私と一緒の生活を続けるかぎり、夫がストレスから開放されることはないのかもしれません。

とりわけ、私はまったく稼ぐことができませんから、生活の経済面をほぼすべて夫に頼らざるをえません。

夫が鬱になったとき、私は稼げない自分をすごく責めました。

自分が夫と同じように正社員で、きちんと毎月の給料をいただける身であったなら、きっと夫は気持ちを楽にして休むことができるんだろうなと、そう思いました。

 

私が強く安楽死を望んできたのは、自分が自力では生きて行けないというのもありますが、やはりまわりに迷惑をかけたくないという気持ちが強いです。

 

夫はもしかしたら、鬱以外に、カサンドラ症候群も持っているかもしれません。

発達障害の配偶者を持つというのは、それだけでかなりストレスのかかることだと思います。私も好きで発達障害に生まれたわけではありませんが、予期せずして相手に負担をかけてしまう、このことが非常に苦しいです。

 

 

少し前の週末、それまでとても体調も気持ちも安定していたので、夫の女友達2人と、私たち夫婦の計4人で会食をすることになりました。

この夫のお友達二人は、とても夫と付き合いが長くて、夫が結婚した頃から、夫いわく、私に会ってみたいとつねづね言っていたそうなのです。

私は初対面の人に会うのがすごく緊張するたちなのですが、わくわくした気分ででかけていきました。

 

女友達のうち、一人の子(Aさんとします)は、とてもこちらを気遣ってくれて、ニコニコしながら私にたくさん話しかけてくれたのですが、もう一人の人(Bさんとします)が、ものすごく憮然とした態度をとってくるのです。私のことはまるで存在しない人かのような感じです。Bさんとは最後まで、話しかけられることも、一度も目線が合うこともありませんでした。

 

こちらから何か話題を振っても、すごく嫌そうな声で、たった一言でボソッと返すのです。

ああ、Bさんという人は私のことが嫌いなんだなぁと、強く感じるようになっていきました。

私はものすごく考えをはりめぐらせました。私は何か失礼な事をしたのだろうか?想像していた人物像と違った?自分の言葉使いがおかしい?服装がおかしい?何が悪い?私が何かしただろうか?

必死でこればかり考えていました。

初対面の人にこれだけ毛嫌いされるというのはいざされてみるとすごく戸惑います。

まったく理由もわからないまま、ほぼ無視に近い態度をとられて、とてもみじめな気持ちでした。

 

私は、こういうとき、いったいどういう態度をとっていいのかがわかりません。いわゆるアウェーな状態。というか、あきらかにBさんに歓迎されていない。

Bさんは夫と私の知らない人の話で盛り上がってケラケラと笑っています。

 

知らない人の話で盛り上がっている話を横で聞いていても、さっぱり意味もわからないし、どうしたらいいのかわからなくなって、壁に飾ってある絵画を必死で見たりしていました。

そうこうするうちにひどく哀しくなってきたので、トイレへ行って泣きました。

店内がひどくがやがやしていたこと、複数の人との会食で脳が疲弊していたこと、いろいろな事が重なって、私はパニックを起こしていました。とにかくこの場から逃げなければいけない、いやBさんから逃げたい。Bさんが怖い。

 

会食がもう終わりかけていたので、私は先に帰ることにしました。

顔が泣いていてぐちゃぐちゃだったので、夫も友人たちもびっくりしていました。

 

結局その後、その二人の友人たちの前から私は走って逃げました。

 

 

あとで夫から話を聞いて「えっ」と思ったのですが、すごく私に会いたがっていたのは、Bさんのほうだったというのです。

でもBさんの態度はひどかったです。

 

(あとで判明したのですが、Bさんは彼氏と別れた直後だったそうです…)

 

 

こうして、私と、夫と、夫の女友達との会食ははちゃめちゃになって終わりました。

申し訳ないことをしました。

でも、Bさんが彼氏と別れて傷心なことは私には関係ないと思うのですよね

 

 

 

あとで消すかも

 

 

おわり

常識は、まわりの大人たちによって作られると思う

こんな増田があったので、貼ってみる。

anond.hatelabo.jp

 

自分はかなり常識のない人間だと、最近でも思っている。

20代あたりはとりわけ酷かった。

とんでもなく他人に迷惑をかけた。もう取り返しがつかないが。

 

自分はアスペルガーで、かつこれは親からの遺伝で、父親もまたアスペルガーである。子供も全員がアスペルガーだから、私の家族は母親をのぞく全員が自閉スペクトラムである。ちなみに母親も定型発達ではない。母方の家系の女性はほとんどがADHDである。

こういう家で育ってしまうと、基準値がそもそも普通からズレているから、いろいろとやっかいな事がおきる。

このへんは以前もかるく記事で書いてみたことがある。

 

nenesan0102.hatenablog.com

 

これはあくまでも自分の例なのだけれど、2〜3歳で言葉がまだおぼつかない頃に、

母親が「こんにちは」とか「ありがとうございます」とかの言葉を覚えさせようとしたそうだ。

すると父親が激怒。父親いわく「子供のくせに媚を売るな!」というよくわからないロジックで、挨拶をすることを禁止された。

かくして非常識な幼児ができあがった。挨拶することを禁止されているから、大人に「あら、ねねちゃん、こんにちは」と言われてもどう返してよいかわからない。

「こんにちは」と言われたら「こんにちは」と返すのが普通なら常識なのだが、挨拶を禁じられているから、何を話してよいかわからず押し黙ってしまう。

幼児のころの私とその兄弟は、大人から挨拶されてもそれをガン無視するという行動に出ていた。ただ幼児なので、意外とスルーされていた。当然ながら保育園ではハブられた。

 

2〜3歳の幼児は子供同士で遊ぶのが常だが、これも禁止されていた。

父親はかなりひどく聴覚過敏を持っていたのだが「遊び声がうるさい」という理由で複数で遊ぶことを禁じられていた。だから、幼児がいるのに、それぞれ個別で黙々と言葉を話さないまま遊ぶという、奇妙な習慣ができあがった。

 

以前から何度かこのブログでも書いているが、我が家の母親は育児に疲れ果てて、半年ほど入院したことがあった。入院から帰ってきた母が見たのは、幼児3人が無言のままお互いに背をむけて一人遊びをしているという光景で、これはもうかなり衝撃だったらしい。

だが、自閉症がもつ特性なのか、一人で黙々と遊ぶことがつらかったという記憶はまったくない。

 

私は物心ついたくらいから、発達障害ゆえの失敗を日常生活でくりかえすことが多く、そのたびに父親に頭を殴られていた。

だから、保育園で気に食わないことがあれば、同じロッカーを使っていた男子の頭を、事あるごとに殴っていた。その男子は殴られる事がとても嫌だったようだが、私は気にしなかった。保育園児の私は、なぜ自分が殴られているのに、よその人を殴ってはいけないのかが理解できなかった。

 

 

小学3年生くらいの時だったが、ある日、習字の授業中にクラスの班の子らが「親に殴られたことはあるか」という話題をはじめた。

班の中にとてもおとなしい、優秀な女の子がいたのだが、その子が「生まれて一度も親にぶたれたことがない」と言い出したのだ。

これを聞いて私は逆上した。そんなことがあるわけがない。自分はこれだけ殴られている。どこの親だって子供を殴っているに決まっている。親だってそう言っている。心の底からそうだと信じていた。なぜ私がこれだけひどく殴られていて、この子が殴られないのか。どうしても理解できなかった。

きっとこの子は嘘をついているに違いない。

「うそつき!」

私は言った。

 

先生がとんできた。

私は言った。

「○○ちゃんは嘘を言っている!子供が親に殴られないなんてことがあるわけがない。

それは本当の親なのか。とても信じられない、私の親はどこの親も子供を殴ると言っている!殴らない親なんていない。そんなの本当の親じゃない!

女の子は泣き出していた。

 

私の話を聞いた女の先生は、「ウッ」と言うなり泣き出してしまった。

そして教室を飛び出して行ってしまった。

先生が突如いなくなった教室は騒然とした。

 

この後、どのように収集がついたのかさっぱり記憶にない。

 

今思い返してもひどく非常識な子供だったなぁと思うし、正直いってこんなやつがいたらまわりだってかなり迷惑だったに違いない。

 

そんなわけで、私は常識は近しい大人たちによって作られると思っている。

 

 

おわり

IDコールされたのでお返事

IDコールをコメントにてされたので、お返事を書きたいと思います。

もともとはこの記事に、私がつけたコメントがもとになっています。

 

togetter.com

うつ病を患った人の「一緒にいたい人とだけ一緒にいたら治った。ワガママが許されない環境からは逃げていい」という話に共感の声 - Togetter

いままさに夫が鬱病、そして適応障害だけど、好きな人とだけいてワガママしてたら、生活していけないんだよね…(´・ω・`) この人は生活費どうしてたんやろね

2018/02/11 21:27

b.hatena.ne.jp

 

すると、id:iidacooi4 さんよりIDコールが来ました。

うつ病を患った人の「一緒にいたい人とだけ一緒にいたら治った。ワガママが許されない環境からは逃げていい」という話に共感の声 - Togetter

id:nenesan0102 適応障害うつ病の診断基準を満たさない場合に診断されるものなので、うつ病適応障害が併存することは診断基準上ないのです。恐らく「適応障害, 抑うつ気分を伴う」ということではないでしょうか。

2018/02/11 22:46

b.hatena.ne.jp

 

これをうけて、あらためて夫に出た病院からの診断書を見てみたんですけど、

「病名 適応障害うつ病」と記されているので、私はそうなんだなと思っています。

素人なので、精神科の診断基準については全然わかりません。とにかく医師が出してくれた診断書がそういう記述なので、「そうなのか」と思っている次第です。

診断書の原本をここにアップすることはできませんが、そう書かれています。

 

以上、id:iidacooi4 さんへのお返事になります。

 

 

夫は出された薬がすごくよく効いていて、とにかく「体が楽になった」とよく言っています。

クリニックへ行けて本当によかったと思っています。

 

 

おわり

夫氏、鬱病でした…

いつの頃からかシリーズ化している、夫氏のメンタルヘルス記事ですが

先日、なんとか夫が勇気を出してメンタルクリニックにかかってくれました。

 

・発端はここからでした

nenesan0102.hatenablog.com

 ・その後の顛末を書いた記事

nenesan0102.hatenablog.com

 

 実はいま、私のかかっているクリニックがすごくよいクリニックで、まず初診のときに医師の面談の前に常駐しているカウンセラーさんのカウンセリングが入り、最近の悩みから生育歴まで、実に様々な事を聞かれます。それをまとめた紙が医師の手に先にわたり、医師はそこから得た情報をもとに本人との面談をしていくのですが、これもまたしっかり時間枠をとってあります。

おそらくですが、「患者の話をしっかり聞く」という信念があってそういうことをされているのだと思いますが、非常によくできたシステムだと感じています。

たまたまなのですが、自分がかかった主治医の先生は発達障害が専門の医師で、私がアスペルガーだというのもすんなりとわかっていただけました。

 

それで、夫にもよかったらこの病院にかかってほしいと伝えてあったので、夫は素直にこのクリニックにかかってくれました。

 

診断結果ですが、やはり夫は鬱病でした。

鬱病」と「適応障害」というのが夫についた診断でした。

そして、先生が、

少しアスペルガーもあるかも…

と言っていたそうなのです。

それで、すごく腑におちました。

 

以前、何か、夫にまつわる記事を書いたときに、ゼブラ先生が「これ、夫もアスペルガーなんじゃないのか?」というコメントをくださったんですけど、ズバリ的確だったのですね。さすがゼブラ先生です。。

 

医師からは希死念慮が強いこと、疲労がひどいこと、その他さまざまな理由から、なかばドクターストップという形で休職をすすめられたのですが、哀しいかな夫の会社は「鬱での休職=解雇」というような会社なんですよね。

そういうわけでこの休職届けを使うときは夫が無職になる覚悟を決めたときになると思います。

 

とてもよい先生に出会えたことは希望の一つです。

クリニックへ夫をむかえにいったとき、私を見つけた夫の顔がすごくすっきりして明るかった。それが強く印象に残っています。

夫に言わせると全然明るい気持ちじゃなかったそうですが、どうか薬が合って、少しでも楽な方向へむかえば…と思っています。

 

 

おわり

 

 

 

月が怖い

月が怖いです。いや「まんじゅう怖い」みたいなヤツではなくて、普通に怖いです。

 

twitterで見ただけなんですけど、今日はすごい日らしいです…

 

 

私はもともとメンタルがあまり強い人ではないのですが、満月が非常に怖いたちです。

 

いつだったか、数年前にスーパームーンの日があり、その頃はまだ恐ろしさに気づかないものですから、月をジーッと見てしまったんですよ。そしたら、何か脳を内側からぐるっとかき回されるようなすごい怖さがあった。それ以来、あまり満月を凝視しないようにしています。

 

満月が近づくと、体が変わってきて、横幅が広くなります。

これは骨盤が開いていくからなんですけど、太くなるわけです端的に言うと。

おまけにむくみやすくなります。

 

今日は自分にとってはすごく恐ろしい日なので、なるべくひっそりと過ごすつもりです。

 

 

 

 

いろいろな人が気にかけてると思いますので、夫のことを書いておきますが、あれから少し小康状態を保っていたんですが、やはり精神的な苦しさが半端ないそうで、ついに心療内科受診を決意したようです。2月の上旬に行く、と本人は言っていますが、さてどうなるか。受診して、少しでも楽になってくれたらと思っています。

 

 

 

 

おわり

 

公共の場所でDVを目撃したとき、私たちはどうすればよいのだろうか

いましがた、はっきりとわかるDVを目撃してしまった。

今でも手がぶるぶると震えている。

 

公共の場所、と言えるのかわからないのだが、婦人科に所用があって行っていた。

そこそこ広めの待合室だが、受付の人とのあいだには高い壁があって、待合室の様子は受付側からはうかがえない。ふだん、婦人科の待合室は基本的に平和だ。

 

そこへ母娘が入ってきた。中学生くらいの娘さんだった。

どうも娘は保険証をなくしたらしい。

待合室の席につくなり、問診票を読み上げながら母親がキレはじめた。

「あんたが保険証をなくしたから、この後の人にも周りの人にも迷惑がかかるんだよ!」

そう言うなり突如娘のことをぶっ叩いた。バシンという音が響く。

「あんたのせいで迷惑がかかった」というのは、モラハラの常套句であるが、

この母親の雰囲気から、常日頃からこのような口調で娘に接していることがうかがえる。

口ごもる娘に、「早くしろ!」「グズグズしやがって!」と言いながら母親が問診票を書いている。

 

はっきり言って、待合室でまわりにDVを見せているこの母親のほうがよほど迷惑である。

私は血圧、心拍数の両方があがり、手がぶるぶると震えてきた。

この母親はおかしい。考え方がおかしい。関わってはいけない人種だ。怖い。そう思った。

 

このようなことを目撃してしまったとき、私たちはいったいどうするのが一番よいのだろうか。

娘はハンカチを顔にあてて、静かに泣いていた。

 

 

私はこの娘さんに何も言えないまま待合室を後にするほかなかったのだけれど、娘さんがどうか自分を責めないでほしいと思った。

もっと自分が強かったなら、「うるさいよ、あんたのほうがよほど迷惑だよ。今すぐ児相に通報しようか」くらいのことは言えたとは思うのだが、いかんせんビビリなのでとてもできない。あのような狂った母親が母親では、娘さんも気の毒だ。

 

帰り道、母親と別れたのか、一人で駅へ向かう娘さんを見かけた。

声をかけようかと思った。「つらかったね、でもあなたは悪くないよ!」って言いたかった。

でも言えなかった。

娘さんは改札の向こう側へ消えていった。

 

 

おわり